読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々捨てる。

色々あるけど、演劇があるから大丈夫だ。と思うことがあった。

事件?と言えばいいのか。

 

先週の土曜はちょうど演劇なんかやめてやると思った日。

それで、今日は、演劇があるから、稽古があるから、私はまだ大丈夫。ちゃんとしていられる、と思う日。

 

自分の意識を超えたところに自分がいたりすることもある。

自分の手には負えない範囲で物事は展開しつつある。

自分の力を超えたところに他人はいる。

 

これを知ってしまった今、私はどうやって演技をするのだろうか。

昨日までと今日までじゃ、私を構成する細胞が違う。

 

偶然にも、1月からここまで伸びた髪の毛を昨日切っていた。

フランスに来てからたんぱく質をほとんど摂らなくなった私。それでも、髪は伸び続けた。身体に入ってくる僅かな栄養で1月からよく頑張ったね、私の髪よ。しかし、さよならを言う時間であったのだ。

 

ちょっと普段しないことをしてみたくなって、さっきバターとかチーズとか乳製品全部ごみ箱に放り込んだ。ごめんね、と、ちょっと思ったけど、ちょっと普段と違うことがしたかったのだ。ロックンロールとは程遠いかもしれないけど。

パンは、またあとで捨てよう。ちょっと高い良いパンだったけど、でも捨てる。

 

わざわざフランスくんだりまで来て、ロックンロールだね、と言われたけど、全然そう思わないから、ちょっと幼い私の考えるロックなことをやってみた。ロックじゃなくて、あんたそれ食べ物に失礼だよ、と言われそうだけど、でもいいの。

 

もう、自分のために演劇する。

いい子であるところを抜け出せなかったから、そういうの振り切って、セリフを言おうと思う。動こうと思う。歌おうと思う。踊ろうと思う。舞台上で生きてやろうと思う。

結局、演劇のことしか考えられないの。自分の演劇に対する思いは、誰かに語り続けていたいの。それを話し続けられる人としか、一緒にいることは出来ない。

 

 

実は、8月からここまで6キロくらい痩せてしまったのだけど、別に健康が危ぶまれる程度の見た目じゃないし大丈夫です。でも、人に持ち上げてもらうためにも、もっと動きやすくなるためにも、もうちょいと痩せたいから、ストレスでどかっと食べるのなしにしましょう。

それだけはひとつ確実な目標として、弱い私の強がりとして、ここに記させてほしい。

 

これアップしたら、パンもごみ袋にいれて、ごみ集積所に持っていく。

そしたら稽古しに学校行きます。